梅毒はどんな病気?

梅毒は古くから知られている性病の一つです。性感染症が性病と呼ばれていたころ、その代表的な病気のひとつが梅毒でした。
梅毒の感染経路
梅毒トレポネーマという細菌に感染することによって起こります。赤ちゃんが体内で感染すると死産又は先天性梅毒として生まれます。
症状
梅毒に感染すると、感染から3週間から3ヶ月ほどで感染した部分に小さくて硬いしこりができます。 このしこりは放置しておくと自然に消えますが、病原菌は体内に広がっており病気が進行していきます。
感染から3年ほどすると体中のリンパ節が腫れたり、熱がでたりします。 また、全身、特に手足にに特徴的な赤い発疹がでることもあります。
どんな予防法があるの?
コンドームを使用することが,梅毒の予防となります。梅毒であるかどうか確定することは,医療機関での検査でしかわかりません。
セックスパートナーも感染している可能性がありますので、2人同時の検査が必要です。
梅毒はペニシリン系の抗生剤を服用することで完治させることができます。 治療のための期間はどれだけ症状が進んでいるかによって変わりますが、 初期の感染であれば2~4週間程度です。早期発見、早期治療を心がけましょう。